ロレックスのような高級腕時計のオーバーホール|保守点検

使い続けるために

オーバーホールはお得に使い続けるために必要不可欠です。

ロレックスは日本では人気のスイス時計です。高級であるものの、憧れを持っている人はとても多く、一生物の時計として購入して長年愛用する人が多いブランド時計です。 もともとが高額であるため、車で例えると「車検」のようなものにあたる時計の定期健診「オーバーホール」を定期的に行うことがとても重要になります。 ロレックスのオーバーホールは高額になる上に期間も1ヶ月前後費やすため、ついついメンテナンスを忘れてしまう人が多いのですが、実はオーバーホールに出すことでパーツの劣化や磨耗などをリセットすることができるので、長持ちさせるには定期的なオーバーホールは必要不可欠なのです。それを怠ると持ちが悪くなり、もっと高額な修理費が必要になる場合があるのです。

費用は幾らぐらい掛かるのでしょうか。

ロレックスのオーバーホールには、どのくらいの費用が必要なのでしょうか。時計の種類や状態によっても変動しますが、大まかに言うと五万円前後の費用が必要です。 その金額には修理代などは含まれていない場合がほとんどです。ロレックスを分解してパーツの状態を確認した上で洗浄したり、パーツを磨いたりします。そしてムーブメントの油を塗り、元の状態に組み立てる費用としての金額なので、万が一、修理をする必要があればプラスアルファの費用が発生すると言えます。 オーバーホールを怠ると、油の劣化などが原因でパーツが磨耗したり故障したるすると、もっと高額な修理費を出さなければなりません。定期的なメンテナンスを行い、長い期間良い状態で使い続けましょう。

↑ PAGE TOP